高知県糖尿病療養指導士申請規定(更新)

  • 1.認定期間:5年間

  • 2.認定更新の条件
     認定更新には以下を必須とする
    • 資格所得後5年間のうち、2年間は糖尿病療養支援活動に従事していること(何らかの形で糖尿病患者をサポートしていること)
    • 認定期間中の定められた期間内に、最低25単位を取得すること。うち高知県糖尿病療養指導士認定機構が企画・実施する講習会または研修会で最低4単位を取得すること。
    • 更新申請時に日本糖尿病療養指導士の資格を有する者は療養活動の審査、更新単位取得審査を免除する。
  • 3. 取得できる単位
    • 高知県糖尿病療養指導士認定機構が企画・実施する講習会または研修会:1時間で1単位
    • 高知糖尿病チーム医療研修会が主催する高知糖尿病チーム医療研修会(4単位)、高知糖尿病療養指導研究会(3単位)
    • 日本糖尿病学会年次学術集会および地方会、糖尿病学の進歩、日本糖尿病教育・看護学会年次集会、日本病態栄養学会年次集会、日本糖尿病合併症学会、日本糖尿病対策推進会議総会、日本糖尿病療養指導学術集会:4単位(発表者は2単位追加)
    • 本機構が共催または後援する糖尿病に関する講習会及び研究会: 1時間以上で1単位、2時間以上で2単位
    • 日本糖尿病療養指導士の単位が取得できる上記以外の講習会: 1時間以上で1単位、2時間以上で2単位、以後1時間を超えるごとに1単位追加。ただし上限は4単位までとする。
    • 糖尿病臨床・療養指導に関連する論文に関しては筆頭者5単位,共著者1単位
      (ただし査読のある論文、症例・事例報告を対象とし総説は含まない。中央委員会で審査する。)
    • 以下のボランティア活動は5年間に1回に限り4単位として認める。
      小児サマーキャンプ、糖尿病協会高知支部が主催するウォークラリー
    • 更新時、日本糖尿病療養指導士の資格を有する場合は、研修単位の証明は不要であるが、更新手続きは必要とする。
  • 4.認定更新の手続き
    • 認定最終年度に申請期間、申請方法などに関する案内をする。
    • 単位取得した研修会の受講証または参加証(コピー不可)をA4の白紙に糊付し、書式に必要な単位数を記入して提出すること。
    • 5年間の活動内容を書式に記載して提出すること。
  • 5.認定更新料:2千円


2013年10月18日 制定
2015年 2月23日 改訂
2015年 7月28日 改訂
申請規定(初回)の方はこちら